化粧品店 マネージャー(男性)の 独りごと
外車のセールスマン、BARのマスター、やきとり屋の大将を経て たどりついたのが化粧品店のマネージャー。 右も左もわからない世界でもがいてます。 すべての女性をキレイにしてあげたい ! な~  ぼそっ (^^ゞ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~ サロンドペルル勤務 ~
上下関係とか会社組織とかが嫌いで、なかなか自分に合う仕事もなかった...

そんな時、仕事が見つかるまで店においで!

と言ってくれたのは、あの口うるさかったオーナーさんでした。

40歳前のニートも洒落にならないので仕事が見つかるまでお願いすることにしました。

初出勤日の仕事は、(顔色悪いから病院に行って検査してきてください)でした。

予約も受付けもすべて手配してくれていました。

次は(タバコをやめなさい)

次は(髪を短く切ってきなさい)

その他、挨拶の仕方や礼儀作法や箸の持ち方まで怒られました。

もちろん喧嘩して帰った事もありましたが、翌日気持ちよく迎えてくれました。

気はキツイが人間性も、仕事もすごくキッチリした人でした。

いい加減な性格の私には学ぶことが沢山あり、気がつけば1年、そして2年と月日が経ち、この人について行こうとおもいだした矢先に・・・・・・



気がつけば今年で4年目になる。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。